過激ダイエットは良くない!

私が痩せようと決意したのは、高校一年生の時です。女の子は結構体型が気になってくる年頃だと思います。キラリ麹の炭クレンズ生酵素

私は当時、家から近いコンビニでアルバイトをしていました。平日の放課後5時間ほど、ほぼ毎日働いていました。

コンビニのアルバイトは、店舗にもよりますが、売れ残ったお弁当や菓子パン、スイーツ系など廃棄処分になってしまう物を食べられるところがあります。私の店舗は好きなだけ食べていい店舗でした。

5時間のアルバイトでしたので、休憩は確か15分くらいだったと思います。学校が終わると直でバイトに行っていた私は、夜ご飯はその廃棄になってしまう余ったコンビニ食となりました。高校一年生の食べ盛り、学校とバイトでヘトヘトだったのでいつもすごい量を食べていました。

廃棄になるならもったいないし…しかも、それを15分の休憩ですごい速さで食べていました。バイトが終わると同じシフトだった先輩にアイスや炭酸飲料を買ってもらったり、その時間に廃棄となったホットスナックなどを食べながら帰ることもありました。

そんな生活を送り半年が過ぎた頃、私は制服のスカートが閉まらなくなってしまいました。なんと、8キロも太ってしまっていました…

元々、太りにくく、周りから細くて羨ましがられるような体型で、まさかそんなに太っているなんて思いませんでした。

当時周りの目や自分の容姿が気になる年頃でしたし、元々の体型を褒められてきた私はすごく気にしてしまいました。

そこから私はダイエットをするようになりました。朝は軽く食べ、昼はおにぎりひとつや食べない日もありました。水や炭酸水を1日2L飲みました。でも問題はバイトの時間です。最初の頃は、廃棄を控えめにカロリーを見て選んだりしていましたが、疲れと空腹、無料だし、もったいない…そんな気持ちが湧いてきてしまい結局は暴食してしまいました。当たり前ですが、廃棄が原因で太っているので、それをやめない限り痩せられる訳ないですよね…

でもどうしても誘惑に負けてしまうのです。

そこで私は下剤に手を出してしまいました。便秘がちだった私は原因は便秘なのかもと思いこみ、寝る前に2錠服薬してみました。次の日の朝、びっくりするほどの腹痛に襲われてトイレに行くとどっさり出ました。でも、腹痛があまりにも辛っかたので、もう飲むのは止めようと思いました。

ですが、その日のバイトの廃棄も結局食べ過ぎてしまいました。この頃から食べすぎると罪悪感が湧いてくるようになり、結局毎晩、下剤を飲むようになっていきました。

腹痛にも慣れていき、元々便秘だったためか、少し体重が落ちました。ですが今度は薬がだんだん効かなくなっていきました。

暴飲暴食後の罪悪感を異常に抱いていた私は、だんだん薬の量が増えていきました。最初は2錠で効いていた薬も最終的には10錠ほど服薬していました。食べ過ぎた日には20錠服薬していた時も…下剤依存症になってたのだと思います。

もちろん周りには言えるようなことではありませんし、飲み過ぎるとトイレが我慢できなくなるので学校も行かない日が多くなりました。食事も気が付くと、1日1食になり、そのうちの1食は気持ち悪くなるまで過食し、下剤で出していました。

ダイエットの結果は、痩せました。

ですが、髪の毛も肌もボロボロになり、学校も単位がたらず中退し、バイトも辞め、楽しい青春なんてありませんでした。

無知って本当に怖いです。下剤依存症なんて知らなかったですし、とりあえず便として出せば痩せる、綺麗になれるなんて思っていました。

また、気にしすぎることや罪悪感を抱くことも良くないです。特に年頃になると、友人間で、痩せたね、太った?なんて会話がよくありますが、それも主観に過ぎないですよね。

こう考えるようになり、私は健康的に3食食べ、最初は下剤から非刺激性の便秘薬に変え、運動をするようになり、無事通信制の高校を卒業できました。

今は、標準より痩せていますが、それが私が望む体型なので問題はありません。

水をこまめに飲むようにし、移動は歩くことを増やしたり、夜の22時以降は食べないようにし、体型をキープできています。

どんなに痩せたくても、周りからなんと言われても、過度なダイエットは絶対オススメ出来ません。死にます…

私が手軽に痩せるために、一番いいと思ったのは、お水をたくさん飲むことです。これも1日何リットルと決めると続かないし、きついと感じると思うので、できるだけこまめに意識的に飲むことで、便通も良くなりますし、満腹感も多少は得られますし、肌も綺麗になります。

すぐ痩せれる方法もあると思いますが、続けられる人は僅かですし、リバウンドにつながっては意味がないので、日常的に継続出来るものから試すといいと思いました。