筋肉は筋トレによってトシをとっても発達する。

筋トレはスポーツ選手だけではなく、普通の人こそ普段の生活に取り入れるべきだと思います。筋トレの効果はたくさんありますが、主には姿勢を正しくし、基礎代謝量を増やします。鍛神HMB

つまり筋肉を増やすことによって何もしてなくても消費カロリーが増え、ダイエットにつながります。お年寄りは足腰が悪くなり寝たきりになってしまうことが多いですが、若いうちから足腰を鍛えることで体の衰えを防ぐことができると考えます。もちろん筋肉はいくつになっても発達しますので、60歳・70歳・80歳になってもすることをおすすめします。

足腰、と言いましたが、身体の筋肉の7割は下半身にあると言われてます。しっかりと脚を鍛えることで上記基礎代謝量や足腰の衰えの防止につながります。脚の筋トレの代表はやはりスクワット。

「キングオブ筋トレ」と言われてます。正しい姿勢で行いましょう。なかなかやり方がわからなければトレーニングジムに入会して教えてもらったり、動画サイトで学ぶのも良いでしょう。スクワットを正しくしていれば姿勢もよくなります。それに慣れてきたら、背中・腹筋などの「体幹」を鍛えていきましょう。さらに姿勢がよくなります。

そうしたことが習慣化すれば、上半身の筋トレも取り入れていけば良いと思います。上半身・下半身バランスよく鍛えていけば見栄えもよくなり、もっともっと筋トレが楽しくなります。そうして筋肉量が増えれば基礎代謝量も増えて、脂肪燃焼しやすくなり、無理なダイエットをしなくてもよくなりますので、食事も楽しくなりますよ。

おすすめの筋トレメニューは、ジムで行うなら下半身はスクワット・デッドリフト(背中も)、上半身はベンチプレス(胸・上腕三頭筋)・アブドミナル(腹筋)・バックエクステンション(背中)です。こうした大きな筋肉を鍛えることを習慣化しましょう。それから余裕があれば腕の筋トレも取り入れていけばいいと思います。

自宅でしかできない場合は、自分の体重だけでする「自重トレ」で十分です。スクワット・腹筋・腕立て伏せがいいでしょう。ダンベルを取り入れていろいろなトレーニングをするのもいいかもしれません。筋トレすれば身体が変わり、何事にも前向きになっていく気がします。是非筋トレを生活に取り入れてください。