老いからはみな等しく逃れられない。

若かった私も今では立派なアラフォーとなった。
長い月日浴び続けた紫外線は私の頬にぽつぽつとシミをつくり、アイラインを引くときに瞼を抑えないとハリのなくなった皮膚がよれてしまう。自分をより美しく魅せる武器であったはずのメイクは欠点を無理やり隠すための手段となってしまった。

快糖茶の効能と口コミ

かなしい、単純につらい。真夏の直射日光のもと自転車で駆けずり回った年若い頃、こうなることを全く予想していなかった。
それにつけて私は昔から根拠のない大きな勘違いをしていて、なんでか「世間一般の女より肌がきれいなのでそうそう老けない。」と思い込んでいた。なんとも愚かで、

そんな幻想が現実になるわけもなく順調に年を重ねた私の肌は年相応のエイジングに悩むこととなった。
さて、金と手間をかけた手厚いスキンケアを施せる人間はどれくらいいるだろう。少なくとも私はその枠には入っていないため、風呂上がりに化粧水と乳液をつけるくらいなもんだ。

いやこれでもずぼらな私がかなり頑張っている方なのでどちらかと言えば褒めてほしい。いや現在進行形で迫りくる劣化にあらがうにはどうも貧弱すぎる手当てなのだが。

まあ総括して、(「女であるから」という表現は多様性の時代ふさわしくないことはわきまえているが、)わたしは女に生まれたからには肌の悩みに対して決してあきらめずできる範囲の創意工夫かつローコストで挑み立ち向かっていかねばならないと考える。